「妖怪ウォッチ」とユング心理学

「妖怪ウォッチ」というアニメが子どもたちに大人気で、グッズも爆発的に売れていると聞いてはいたが、普段アニメはあまり観ないこともあって、どんな話なのかということには全然興味を持っていなかった。

しかし、ハフィントン・ポストに掲載されていた小出遥子さんの「アニメ『妖怪ウォッチ』は、平和な未来へのヒントに満ちている」という記事をふと眼にして驚いた。(以下、勝手に一部引用させてもらう。)

(ここから引用)
彼は、たまたま行き会った、少しばかり迷惑な出来事を引き起こす妖怪を、できるだけ暴力的でない方法で「どうにかしていく」だけ。(これについては後述。)そして最後には妖怪と「友達」になってしまう。妖怪たちは、「やっつける」とか「服従させる」べき対象ではなく、「友達になる」べき相手として、ここでは捉えられているのだ。
(中略)
「友達」になる前は、単に迷惑なだけだったそれぞれの妖怪たちの特性も、いざ主人公に呼び出されて他の妖怪と対峙するときには、むしろ「便利なもの」「ありがたいもの」としてちゃんと敬われるようになる。同じ特性でも、光の当て方によって、短所にも長所にもなる。それをうまく使うことが、自分のためにも相手(妖怪)のためにもなるのだ。
(ここまで引用)

え?これって、もしかしたらアレなんじゃないの?
続きを読む

誰か、「コレジャナイウォッチ」を作ってみないか?

今、巷で話題の入手困難な「妖怪ウォッチ」 父ちゃん母ちゃんたちの中には、我が子のために自作する人たちが出てきているとのこと。

入手困難な「妖怪ウォッチ」を自作してみるお父さんお母さんが続々あらわれる – ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/07/news059.html
続きを読む

寝る子は育つと申しましてな

寝る子で「寝子=猫」なのだと聞いたか、読んだかした覚えがある。嘘か本当かは知らないが、猫がよく寝るのは事実だ。

ほとんど一日中寝ている。夜行性なので昼間寝るのだ、と思っていたら、夜は夜で寝る。一緒に生活しているので、人間が寝ている間騒がれては堪らない。だから、それはそれで助かるのだが、こいつらは、一体、何故これほどまでに寝るのか。
続きを読む

ギャレス・エドワーズの2014年版「ゴジラ」を観た。※ネタバレあり

ちょっと前にギャレス・エドワーズの「モンスターズ/地球外生命体」をテレビでやっていたので録画して観た。公開当時にちょっと観たいなと思ってずっとそれきりだったのだ。

しかし、観て思ったのだが、公開当時、何で俺はこれを観たいと思ったのだろう?低予算の割には(制作費が15,000ドルという話だったが、さすがにそれはないだろう)良く出来ていると思うが、大した見せ場もなくモンスタームービーというよりは割りと淡々としたロードムービー。

「え?もしかして、新しいゴジラもこんな感じ?」

それは杞憂だった。
続きを読む

巨人大好き でも、怖い(Not a baseball team)

先日取り上げた「フランケンシュタイン 対 地底怪獣」の続編(というか姉妹編?)に「サンダ対ガイラ」という作品がある。
これまた、怖い。
何が怖いといって、ガイラという巨人は「人を喰う」のである。
それまでの怪獣映画の怪獣は、街を破壊し、そのことによって人々を死に至らしめることはあっても、「喰う」ということはしなかった。しかし、ガイラは「人を喰う」為に襲ってくるのである。怖い。なまじ人型をしているから尚更怖い。
大人ならともかく、幼少期にこれを観ると怖い。トラウマになりかねない。いや、なってしまったかも知れない

続きを読む

In Wada​-​bori park 120716(和田堀公園にて 2012年7月16日)

※散歩の途中、時々、街中や公園等で様々な音を録音しています。
withagirl120716.jpg
今日は、杉並の善福寺沿いの緑道を散歩。途中、和田堀公園では今年初のセミの声を聞く。さっそくレコーダーで録音。
ただ聴き直してみると、まだセミの数も多くはなかったためか、鳥の声等に埋もれてセミの声ははっきりとは聞き取りにくいかも。

続きを読む

巨人大好き(Not a baseball team)

〈フロントランナー:上〉殻破るか、オタク界の三四郎 ■庵野秀明(あんの・ひであき)さん(52) 映画監督
「自宅の白黒テレビで見た「ウルトラマン」。ビル街に銀色の巨人が立ちはだかる斬新な映像に、衝撃を受けた。」

そうかぁ、「巨人」か。やっぱり、そうだよね。
「巨人」は何だか、ドキドキ、ワクワクする何かを持っている。
ウルトラマンは勿論そうだし、巨神兵もそうだし、古くは「戦慄!プルトニウム人間」だってそうだ。

続きを読む

洋画に吹き替え版が増えた背景

洋画に吹き替え版が増えた背景 | 東スポWeb 東京スポーツ新聞社
昔、一度、字幕版と吹き替え版である洋画を比較してみたことがあるんだけど、吹き替え版の方が会話がより自然なような感じはする。(セリフが微妙に違ってたりもする。)

続きを読む

ペコロスの母に会いに行く

pekorosu.jpg
「九州弁」などというものは無い。
これは、いわゆる、関西弁でも東北弁でも同じはずだが、似た言葉ではあっても、地域によって多少違っていたり、イントネーションが微妙に違っていたりするのだ。
俺は、長崎で生まれて、長崎で育ち、19の歳から(大学に通うために)福岡で独り暮らしを始め、8年前に東京に移住するまでの間、ほとんどの時間を福岡で過ごした。
だから、長崎と福岡の言葉については良く分かる。他の県の言葉については、詳しくは知らないが、長崎や福岡の言葉と似てはいても、「~弁」というのはそれぞれの地域で違っているはずなのだ。
今日、Facebookで話題になっていて気になっていた、岡野雄一さんの漫画「ペコロスの母に会いに行く」を買って来た。
この本は長崎弁がたっぷりだ。しかも、極めて正確な長崎弁だ。(当たり前だ、作者の岡野氏は長崎市出身、20代から30代を東京で過ごされた後、今はまた長崎にお住まいとのこと。「ペコロスの母に~」は62歳の漫画家岡野氏の認知症の母の介護日誌)
どれくらい正確かというと

続きを読む

In the forest of Meiji shrine 120624(明治神宮の杜にて:2012年6月24日)

※散歩の途中、時々、街中や公園等で様々な音を録音しています。