iPhone6を持ちやすくしてみた。

ちょっと前に、iPhone5からiPhone6に機種変更して、その微妙な大きさの違いに時々取り落としそうになっていたので、何か良い方法はないかしらと探していて見つけたのが、このページ(→サイズが大きくなったiPhone 6を持ちやすくするアクセサリー3選!)。

ただし、iPhone5を使っていた頃から着せるジャケットは「Tryit」がお気に入りでiPhone6に変えてからも引き続き「Tryit」を使うことにしたので、ストラップホールにストラップを付けて、という方法は使えない。(ストラップホールが付いてないから)

値段の安さからいうと「フックスタンド」だが、粘着力の点で問題がありそう。

そこで、残るのは「BunkerRing」、というわけでコレにしてみた。

私のiPhone6

My iPhone6






基本的には、使い勝手も良く気に入ってはいるんだけど、iPhoneの背面がフラットではなくなるのは如何ともし難い。(良いように解釈すれば、背面が置いた面に密着しないので取り上げやすいとは言える。(笑)液晶面を机に密着させた場合もリングが付いていれば取り上げ易い)

「iPhoneスタンドとしても活躍します。」と書いてああるけど、机の上に置いて動画を観るというような使い方をしないので、このメリットはあまり感じない。

ひとつ思いついたのは、シャツのポケットに入れた時にリングを立てた状態にしておけば、厚みが増して、前かがみになってもポケットから滑り出にくくなるということ。(飽くまで過信は禁物だけど。(笑))

あと、これ(→イヤホンジャックストラップホール Pluggy Lock)も考えてみたんだが、「Tryit」のジャケットを着せてる状態で使えないようなので断念。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村 ←ポチッとな

人気ブログランキングへ

コメントを残す